サイト内検索

東根市
地域包括支援センター
住所:東根市中央一丁目
         3番5号
 地図
電話:0237-42-3939
FAX:0237-43-2331 

 
お知らせ
地域にお住まいの皆さまへ
12345
2022/11/19

ヒートショックに注意しましょう

| by センター
寒くなってくると、お風呂や温泉が恋しくなります。

高齢者の入浴中の死亡事故は交通事故死の約2倍起きています。
温度差による急激な血圧の変化で、一過性の意識障害が起きることが原因です。転んで頭部などをぶつけてけがをする恐れがあるだけでなく、浴槽に入ってしまい溺れること死亡事故に直結します。
入浴した時にのぼせたり、めまいがしたりすることがある人は注意が必要です。今までそのような症状を感じたことがない人も注意しましょう。

ヒートショックを防ぐためには、温度差を減らすことが必要です。
居室と浴室は暖かくても、廊下や脱衣所が寒いのは要注意です。脱衣所に暖房器具を置ければいいのですが、難しい時は、浴槽に湯を溜める時、蓋や浴室の扉を開けておくだけでも効果があります。

また、かけ湯を十分に行い、長湯をしない・上がる時はゆっくりと上がることで血圧の変動を抑えることができます。
12:36 | 地域にお住まいの皆さまへ
2022/11/15

脱水に注意しましょう

| by センター
寒くなってきてくなると水分を摂る量が減ってきますが、呼吸や排泄などで水分は身体から徐々に抜けていきます。暑い季節は『汗をかいた自覚』があるので、脱水予防のために水分を意識して摂りますが、今からの季節は積極的に水分を摂ることは少ないかと思います。寒くてトイレに行きたくない、暖房の効いた部屋から出たくないなどの理由で水分摂取量が少なくなっていませんか?

人体の約60%は水分でできており、生命維持のためにも水分は必須です。
体重1kgあたり30~35mlの水分が必要と言われているので、50kgの人は約1.5リットル、60kgの人は約2リットルの水分を摂らなければなりません。
少なくておも1.5リットル、毎日飲むようにしましょう。
17:06 | 地域にお住まいの皆さまへ
2022/11/09

おくちの健康

| by センター
昨日は「いい歯の日」でした。意識して歯やくちのケアを行っていますか?

おくちの機能が衰えると全身に影響すると聞いたことがある人もいると思います。
噛みにくくなった、むせるようになった、硬いものが食べにくくなった、話しにくくなった・・・などのちょっとした不具合を放置していると、いずれは飲み込むのも難しくなり、栄養状態が悪くなることで要介護状態・寝たきりにつながるおそれがあります。

おいしく食事を摂るためだけでなく、要介護状態を予防するためにもおくちの健康を保ちましょう。
「あいうべ体操」「パタカラ体操」はおくち周辺や舌のトレーニングになります。
トレーニングだけでなく、舌や頬などの口腔粘膜の清掃もおくちの健康のためには重要です。柔らかい歯ブラシやスポンジブラシがおすすめです。
12:50 | 地域にお住まいの皆さまへ
2022/11/04

注意喚起

| by センター
~山形県ホームページより~

除雪機による死亡・重傷事故を防ごう!―正しく、安全に使用してください―

 

歩行型ロータリ除雪機による事故は毎年発生しておりますので注意喚起の再周知を行います。

 

除雪機は、取扱上の注意を守り、安全機能の無効化は絶対にやめましょう。使用に当たっては、周囲の環境に注意し、家族や近隣で声かけをしましょう。

 

使用時に気を付けるポイント

・走行する際は、転倒したり、挟まれたりしないよう、周囲の壁や障害物に十分注意する。

・デッドマンクラッチ機構などの安全機能を正しく使用する。

・雪詰まりを取り除く際は、必ずエンジンを切り、エンジンや回転部の停止を確認してから行う。また、直接手で行わず、雪かき棒を使用する。

物置で除雪機を使用中に一酸化炭素中毒で死亡する事故が発生しています。作動中の除雪機の排気には一酸化炭素が多く含まれているため、屋内で作動させることは大変危険です。

 

・除雪機は始動/停止も含め屋外で使用してください。

エンジンを切った状態で手で押して移動できない大型の除雪機等の場合は、窓などの開口部を開放して十分な換気が取れていることを確認してから、

 

・屋内で始動し速やかに屋外に出る

・屋内にしまったら速やかにエンジンを切る

などしてください。


09:35
2022/11/04

高齢者の交通事故防止推進強化旬間

| by センター
~山形県ホームページより~

実施期間

111日(火曜日)~1110日(木曜日)※111日(火曜日)は「街頭指導強化の日」です

 

運動の重点

夕暮れ時の交通事故防止

~新型コロナウイルス感染症対策に万全を期して推進しよう~

 

交通事故防止のための具体的行動

〔運転者〕

 早めのヘッドライト点灯とこまめな切り替えによるハイビームの積極的活用

 横断歩道では、歩行者を最優先に安全に横断させるなど、交通ルールの遵守

 悪質・危険な飲酒運転の撲滅

 〔歩行者〕

 道路横断時は、手や旗でしっかり意思表示し、横断開始時と横断中の2度確認を徹底

 夕暮れ時からの外出は、目立つ明るい色の衣服と夜光反射材の着用

 〔自転車利用者〕

 夕暮れ時からの早めライト点灯及び夜光反射材の活用

 飲酒運転の禁止、一時停止場所では必ず停止するなど、交通ルールの遵守


09:34
12345